ブログ

きくらげ農家、始めました。

きくらげ農家、始めました。

はじめまして。
コロナ不況が続く中、思い切って脱サラし、一家4人を支えるお父ちゃんはきくらげを育てることにしました!

改めまして、小富士物産HPをご覧いただきありがとうございます。
こちらの管理運営をしております、きくらげお父ちゃんです^ ^

こちらではきくらげに関する様々な情報をアップして参りますので、たまに気が向いたら覗いて下さいね♪

さて、初回の本日は
「きくらげ農家、始めました。」
というタイトルなので、、
きくらげ農家を始めるまでの過程をダイジェストでご紹介したいと思います〜!
「きくらげってどうやって育てるの?」
「そもそもきくらげってなに?クラゲ?」
そんなきくらげビギナーの方にもそうでない方(?)にももっときくらげの魅力が伝わればな、と思います!

きくらげの基本知識

それではまずきくらげについての基本知識からお話させて下さい♪

きくらげは漢字で「木耳」と書きます。木から耳が生えてると覚えましょう。後ほど写真でもご紹介しますが、実際その通りなんです。
そしてお察しの通り、海のクラゲではありませんね。森のクラゲ、つまりきのこの仲間です。

昨今は「菌活」という言葉が浸透しているほど、きのこが注目されていますが、きくらげには具体的にどんな栄養素やメリットがあるのでしょう。

きくらげのメリット・栄養

①骨や歯を丈夫にする
骨や歯はカルシウムでしょ、と思われるかもしれませんが、もちろんカルシウムもとても大事ですが、そのカルシウムを効率的に吸収できるよう働きかける栄養素が「ビタミンD」なんです!そしてビタミンDを最も多く含有する食品が「きくらげ」なんです(^-^)v

②女性の強い味方
骨粗しょう症対策としても有効なビタミンD
の他に、
女性に不足しがちな鉄分
お通じ改善に役立つ食物繊維
髪やお肌の味方ミネラル
カルシウム
等々こんなにもたくさんの栄養素が入っているんです。
まさにスーパーフード!!ですよね(° °)

他にもたくさんの魅力を秘めたきくらげですが、また追々ご紹介させてくださいね♪

きくらげ農家を始めるにあたり

さてさて本題のきくらげ農家の軌跡についてですが、まず私が何をしたかというと‥

プレゼンです。
妻に。
(頭を下げました。)

リアルな話ですみません。笑
しかしとても重要な事で、家族の協力無しではとても成り立たないことをやろうとしているお父ちゃんでして、結果意外にもあっさり快諾して頂きました!また私の両親の協力も得る事ができました^ ^

次なるステージ
それは「きくらげハウスの建設」です。
きくらげを育てるには換気のできる遮光された室内が必要となってきます。

幸い活用していない土地があった為、利用することに。
建設予定地がコチラ(以前は畑として管理していました。)

そしてきくらげハウスといっても、白くて大きなビニールハウスという感じなので、打ち合わせから着工、そして完成まではあっという間でした!さすがプロ。

完成です

さぁ、いよいよ始まるぞ感がプレッシャーと共に押し寄せてきますね。
当時は毎日胃痛や胸焼けと戦ってました。笑

菌床棚を作る

次は菌床棚を作ります。

ん、菌床って何?ですよね。

菌床とはきのこが生えてくる菌が植え付けられたブロックの様なものです。

こちら

そしてこの菌床を置くための棚を作るのです。

これは業者さんに依頼するのが一般的ですが、きくらげとーちゃん(時々かーちゃんも)のお手製でやりました。これまた夫婦で共同の物作りをするとモメることモメること‥笑

まあ、お互いの意見を言い合えて良かったです(^。^)

完成したのがこんなかんじ

はい、素人なのでこんな感じです。

 

さて次のステージは

菌床の搬入」です。

 

いよいよ主役の登場です。

何千個もの菌床を並べる作業をやっていきます。

菌床搬入当日の様子がコチラ

量や重さが尋常じゃないので引越し業者の方が運んできて下さいます。

トラック2台にこれでもかというほど積まれた菌床達‥。

 

プロの手もお借りしてあっという間に

こんな感じ

 

さてこれではまだきのこは生えてきません。

次なるステージは

「切り込み作業(きのこ発生操作)」です。

菌床にカッターなどの刃で切り込む事で、そこからきのこが生えてきます。

おなじきくらげ農家でお世話になっているNさんにご教授頂きながら、恐る恐る切り込む私。

さていよいよ後は水やりや換気をしながらただただきくらげが生えてくるのを待つだけになりました!

この間がとても待ち遠しく、じれったい日々でした。

 

約一ヶ月後

さあ、いよいよ「収穫」です!

 

生えてきました!きくらげ!

まだまだ小さいですが、ちゃんときくらげですね( ̄▽ ̄)

冒頭でお話ししました木から耳が生えてる状態。

これなんかそうですよね!

いやどちらかと言うと壁に耳あり、障子になんちゃらですね。笑

このきくらげを手でもぎって毎朝収穫、仕分け、洗浄、パッキング、出荷しております。

まとめ

ここまでが起業から現在に至るまでのざっくりとした経緯となります^_^

一念発起で始めたきくらげですが、思った以上の反響を頂き有り難い限りです!

今後、きくらげレシピ等も発信して参りますのでこちらのブログも是非ご覧下さい♪

関連記事

Back to top button