小富士物産の取り組み

天然水利用100%

小富士物産ではきくらげの栽培時、仕分け後の水洗い時に使用する水を全て可也山(糸島富士)の天然地下水を使用しています。
もちろん地下水は水質検査の上で、水道法基準適合との検査結果を受けており、安心して利用できる地下水です。

水を水道水として使用するために殺菌処理され、水が傷まないよう一定の残留塩素が残ってます。この水道水に含まれる塩素は化学反応して一部のビタミンを破壊してしまいます。

せっかく食品から摂る栄養素を無駄にしたくない、わずかでも体に影響があるかもしれない残留塩素を水で育つきくらげに使わないようにしています。

糸島農産物支援プロジェクト

きくらげは仕分けの際に石づきと呼ばれる、木くずが付いた根を切り落とします。また、栽培が終わったあとの菌床は通常、石づきと一緒に廃棄処分となることが多いです。
小富士物産ではこの廃菌床などをゴミとして捨てるのではなく、糸島有機野菜を作っている農家さんへ肥料や土壌改良材として提供しています。
美味しいきくらげがたくさんできたあとも、糸島産の美味しい野菜を作る為の土台となっています。
微力ながらの支援ではありますが糸島の農業を盛り上げていくべく今後も取り組んで参ります。

Back to top button