ブログ

~侮りがたし!小富士物産の乾燥きくらげ~

生きくらげと乾燥きくらげの違い、比較、使い方

乾燥きくらげについて、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか??国内に流通している乾燥きくらげの実に95%ほどは中国産だと言われています。国内自給率ってめちゃくちゃ低い食品になります。

インターネット等できくらげを検索すると大体「肉厚」「ぷりぷり」と謳っています。栄養価が高く、注目して頂きたい食材のきくらげ。今回は小富士物産の乾燥きくらげを実際に水で戻しながら実写真や食感、使い方、栄養について書いてみますね!

 

乾燥きくらげの作り方

乾燥きくらげは生きくらげをその名の通り乾燥させて作ります。乾燥の方法は主に2つ!

①乾燥機を使った人工乾燥(天候に左右されず、短時間で大量に乾燥させることができます)

②天日干し

小富士物産の乾燥きくらげは天日干しを採用しています!天日干しで乾燥させた後に万が一、余分な水分が残っているとカビ等の原因になってしまうので最終は機械乾燥機に入れ、確実に乾燥させるといった工程を取っています。

天日干しの方法は「ざる」や「干し網」などに重ならないように並べて日光に当てるようにし、水分が完全に飛ぶようにします。自然乾燥で最も気を付けたいものは「カビ」の発生です。天気予報などに気を付けながら乾燥させています。

なぜ手間がかかる天日干しを採用しているか・・・

それはきくらげの栄養素の特徴であるビタミンD。その含有量は日光に当てて乾燥させることで大幅に増える特徴があります。ビタミンDはこちらに紹介している凄い働きがあります!せっかくお召し上がりいただくなら栄養価が高い方が絶対に良い!この想いが強く、天日干しを採用しています。

(ビタミンDの特徴についてhttps://kofuji-products.jp/kikurage/

 

 

 

 

生きくらげと乾燥きくらげの違い

両者の一番の違いは「食感」です。

生きくらげはぷりぷりした弾力と食感が特徴で、新鮮なきのこの風味と香りが感じられます。このぷりぷり感こそ、生きくらげでしか味わうことができない特別な感覚になります!

乾燥きくらげはコリコリした弾力の良い食べ応えのある食感が特徴になります。他の乾物と同じように水で戻しても完全に生と同じ食感にはなりません。弾力を活かす料理として炒め物などがおススメになります。

 

 

 

 

 

 

乾燥きくらげの一般的なイメージ

 

私自身、きくらげを栽培して初めて生きくらげを食べました。そもそも「生きくらげ」という言葉すら知りませんでしたが、まさに概念が変わりました。

日本に流通しているのは中国産が95%ほどなので国産は本当に希少な食材になります。さらには生ものである生きくらげは他の一般的な農作物とは違って出会わないと出会えない食材じゃないかと感じています。

私のきくらげのイメージはラーメンに入っている(福岡だから??)ものと思っていました。特段好きでも嫌いでもなく、入っていてもいなくても気にすることのない食材でした。

スーパーに行けば中国産乾燥きくらげが安価な価格でたくさん売ってありますが、その中国産乾燥きくらげの品質=日本におけるきくらげのイメージといったところでしょうか。。。

中国産きくらげは度々残留農薬検査で基準値を超える農薬が検出されています。そのうち二酸化硫黄が検出されたこともあります。これは「食材を綺麗に見せるための漂白剤」に使われる成分だそうです、

工夫と努力で無農薬栽培が可能な食材であるきくらげなのに・・・

食べ物の安全性・信頼性に真摯に向き合えるのはやはり日本の農家ではないでしょうか??

 

 

 

 

 

小富士物産の乾燥きくらげ抜き打ち試験結果

 

国産・海外産問わず、きくらげの販売ページでは「肉厚」「プリプリ」という文言が必ず入っています。

今回小富士物産では当社製品である乾燥きくらげ30gを無作為に選別し、一般的な「水で6時間」戻すテストを行いました!

 

2021/5/23 6:30 テスト開始 (糸島富士の麓で育てた乾燥きくらげ30g)

常温の糸島富士天然地下水にて

 

2021/5/23 9:30 試験開始3時間経過

まだ3時間しか経っていないのに重量は10倍に増えてます!!(容器は風袋引き済み)

 

小富士物産の乾燥きくらげは肉厚なきくらげも惜しみなく乾燥に回し、高品質な乾燥きくらげを作ることを心がけています。因果関係は不明ですが、やはりもともとが肉厚なので上質な戻り方をすると考えています。

 

この肉厚感、伝わりますでしょうか??

 

さらに3時間経過・・・

乾燥きくらげを水で戻す一般的な時間、6時間が経過したので重量の測定と肉厚さの確認を行います!

 

 

・・・・・!!?

重量は乾燥重量30gから12.4倍の374g!

断面を確認するために切った切り口からもその肉厚さはわかっていただけるでしょうか(^^)/

おおよそ乾燥重量の10倍には戻ってくれるでしょう♪ここまで肉厚でプリプリに戻る乾燥きくらげを自信をもって販売しています。乾燥きくらげは常温発送ですので送料のご負担も少ないです。ぜひ一度お試しください♪

関連記事

Back to top button